Excel使い方Excelマニュアルをお探しの方へ。Excelって難しいですね。Excelは特に初心者の方にわかりやすく解説してくれるマニュアルが必要だと思います。できればExcelの操作、Excelの講習、Excelの講座、Excel入門、Excelの教室 学校 スクール 講習会の情報も欲しい。わかります、その気持ち。Excel初心者にはなかなか独学でマスターするの難しいですから。このサイトはそんな方々へExcelの使い方、Excelのマニュアル、Excelの操作、Excelの講習、Excelの講座、Excel入門、Excelの教室 学校 スクール 講習会 情報を探すのにお役立てれば光栄です。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★Excel 検索はこちら!★
TopExcel 紹介 >表計算ソフトExcelについて

表計算ソフトExcelについて

Excel使い方Excel講習Excel教室などExcel情報をお探しの方へ。まずはじめにExcelの概要をご紹介します。(wikipediaより)

Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)は、マイクロソフトがWindows及びMac OS X向けに販売している表計算ソフトの名称である。Microsoft Wordとともに、同社のオフィススイート「Microsoft Office」の中核をなすアプリケーションである。拡張子は.xls(Office 2007では.xlsx)

用途
Excelは表計算ソフトであるため、本来は表を作成して合計の計算やグラフの作成などに用いられるものである。一方で、Wordなど他のソフトウェアよりも比較的軽快に動作し、また、多くのコンピュータにインストールされているため、ワークシートを方眼紙に見立てて設計書や進捗管理用のチャート作成に使用されることも多い。

歴史
同社のMS-DOS向け表計算ソフト「Microsoft Multiplan」及びグラフ作成ソフト「Microsoft Chart」は、Lotusの「1-2-3」に比べて性能が低く、米国市場においては大きく水を開けられていた(欧州市場ではMultiplanも高いシェアを確保していた)。その反省を踏まえた上で、GUIでの利用を前提に、Macintosh用アプリケーションソフトウェアとして開発されたものが「Microsoft Excel」である。

同製品は、GUI環境に特化した優れた操作性と高い性能を有し、Macintosh向け表計算ソフトのベストセラーとなった。この過程でGUI環境のアプリケーション開発ノウハウを蓄積したMicrosoftは、他のオフィス向けアプリケーションにもExcelに似たインタフェースを用いるようになった。また、Windowsのインタフェースは、Excelを基準に作られたとも言われている。

Microsoftは、Lotusの統合ソフト「Jazz」対抗製品の「Microsoft Works」よりも、Excelを核にワープロやデータベース、スケジュール管理ソフトなどを統合した高性能オフィススイート製品「Microsoft Office」の販売を優先することで、Windows向けオフィススイートのデファクトスタンダードの座を確保することに成功した。 そして、PCのプラットフォームがDOSからWindowsへと移行するに従い、GUIへの対応が遅れた「1-2-3」(及び「スーパーオフィス」)を引き離していった。

現在、Windows向けにExcel 2007、Mac OS X向けにExcel 2004が最新版としてリリースされている。今日では表計算ソフトの標準的存在であるとともに、Windows用アプリケーションの代表的存在である。

標準の保存ファイル形式は拡張子にxlsを使用したもので「Excel ブック」と呼ばれる。Excelがインストールされていない環境でも、マイクロソフトより無償で提供されるExcel Viewerをインストールすることにより、閲覧が可能である。他にもテキストやCSV、HTML形式での入出力が可能で、Excel 2003以降はXMLスプレッドシートも扱えるようになった。2007からはXMLでのファイル形式が標準となり、.xlsxという形式となった。


posted by Excel 使い方 at 20:52 | Excel 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。